1. ホーム
  2. ナレッジ
  3. インテントデータ入門!トピックとキーワードについて解説

インテントデータ入門!トピックとキーワードについて解説

#インテントデータ|入門

B2B組織の間で、インテントデータはますます重要なツールとなってきています。最近のTOPOの調査によると、62%の企業がひとつ以上のインテントデータソリューションを利用しており、2020年9月と比べると2018年から121%、2019年には29%と毎年増加しています。

もちろん、インテントデータの種類はひとつだけではありません。購入する前に広い視点でターゲットの情報を収集し、分析することが大切です。そのようにすることでより特定の購買層に焦点を絞った、専門的な情報を取得できます。

しかしどのようなキーワードやトピックを選定すれば良いかわからないということもあるかと思います。そこでこの記事では、インテントデータ入門者向けに優しくご紹介していきます。この記事を読むことでインテントデータとは何か理解でき、利用方法もわかるようになります。

そもそもインテントデータとは

インテントデータとは、お客さんがweb上で自社の商品に何らかの関心を持って行動したデータのことを指します。ユーザーの行動データやユーザー情報獲得のために使用されます。

どこの企業のどこの社員がサイトにアクセスしたのかが情報収集できるため、マーケティングに利用できます。また、タイムリーな情報がわかるため、相手が自社の商品に対してどのくらい興味や関心を持っているかも把握できます。

キーワードを用いたインテントのモニタリング

インテントデータは膨大な情報量があるため、検索方法が重要になってきます。調べる際には特定の単語やフレーズで調べることで絞られるので絞りながら、ターゲットに合った顧客を見つけましょう。

トラッキングキーワードの良いところ

インテントデータ検索の際には、特定の単語やジャンルの組み合わせを選択することができるため、より細かく追跡・選定することが可能になります。特に、ターゲットを絞り込んで詳しく動向を把握したい場合には有効です。

さらに、調べたいニーズに合わせて、独自のカスタマイズができるのも強みと言えるでしょう。例えば、業種と地域を独自にカスタマイズして検索することも可能です。しっかりと自社のビジネスの強みと弱み、競合他社のブランドとそのソリューションに合わせてカスタマイズすることで、営業成功率の高いデータを算出することができます。

自社のためになる唯一無二のデータを取得しましょう。

キーワードモニタリングの欠点

特定の単語やフレーズを調べるだけで良い検索ができるとは限りません。

例えば、金融技術(フィンテック)ソリューションの購入を検討している企業を、ターゲットにするとします。webページに流入があった際にあるwebページでは、特定のフィンテック企業の株式市場価値について議論している記事で、別のページでは最高のフィンテック ソリューションのランキング記事を掲載しています。

上記の場合「フィンテック」で検索すると両方のユーザーが出てきますが、欲しいターゲット的には購買力が高そうな前者です。このように絞り込みが甘いとターゲットにズレが生じてくるので、注意して検索単語やフレーズを選定しましょう。

トピックを利用したインテントデータのモニタリング

トピックの選定は、より詳細なターゲットを決めるのに重要となります。間違ったターゲットユーザーが出てこないように、絞り込んでいきましょう。

下記ではトピック選定の良いところと欠点についてご紹介していきます。

モニタリングトピックの良いところ

トピックの選定・検索は、詳細なものを調べたいときに便利です。例えば、上記の例にあったように「フィンテック」、「金融テクノロジー」があるとします。しかしどこの国を対象にしたいか、会社の歴、最新のものか旧型のものかなど、色々詳細を決めたいかと思います。そんなときにトピックは便利です。

トピックのもう一つの利点は、NLPを使用して消費者に対して年齢や職業、居住地などといった特定の条件によってグループ分けをすることが可能だというものです。詳細に分けて、それぞれ分類できます。

通常のものよりもトピックを使用することにより、付加価値の高い情報が入手でき、アクティブな情報を掴めます。またマーケティング担当者は顧客がどのような過程を経て自社商品を購入するに至ったのかを知るれて、フォローアップ戦術やメッセージングをより適切に選択できるようになります。

モニタリングトピックの欠点

トピック検索の場合、あらかじめ検索方法が決められているので、検索方法に合ったやり方をしないといけません。またトピック検索の場合、単語や文脈も関連しているものを選ばないといけません。そのため、検索方法が高度になります。

ターゲットを選定して上手くデータ収集をしよう

特定の単語や文脈と合わせて検索することで優良なインテントデータを検索できます。優良なデータを取得できれば、購買意欲の強い企業を知ることができます。

そして、消費者のより深い気持ちを洞察するためには、多くのデータを収集してそれぞれをうまく組み合わせるという作業が必要になります。複数のデータを収集して独自のデータを導入することで、今までの無駄な調査時間が減り、営業成功率が高まり、うまく目的を達成することができるようになるでしょう。

更に深いインテントデータについて理解したい方は、下記の記事も参考にしてみてください。

日本初のインテントセールスSaaS

3分で分かるSales Marker 資料ダウンロード