1. ホーム
  2. ナレッジ
  3. 問い合わせフォーム営業代行おすすめ5選。選び方と類似サービスまで紹介

2024.01.13

問い合わせフォーム営業代行おすすめ5選。選び方と類似サービスまで紹介

近年、低コストで効率が良い営業手法として「問い合わせフォーム営業」が注目を集めています。 問い合わせフォーム営業とは、企業のホームページに設置されている「お問い合わせ」から連絡をとる営業手法です。

しかし、「問い合わせフォーム営業」は営業文を魅力的に書かなければならず、人手も必要になるため人件費もかかります。 そんな悩みを解決する手段として、「問い合わせフォーム営業代行」があります。

本記事では、問い合わせフォーム営業代行の選び方やおすすめの代行企業について詳しく解説します。類似サービスとの比較もしていますのでぜひ最後までご覧ください。

問い合わせフォーム営業代行とは

問い合わせフォーム営業代行とは、企業に代わって問い合わせフォーム営業を行うサービスです。

代行企業によって料金やサービスは様々ですが、フォーム送信の代行から顧客リストの作成、中には契約の受注まで一貫して行う企業もあります。

代行会社は問い合わせフォーム営業代行のプロなので、自社で行うより人件費を削減でき効率良く営業ができるうえに、新規受注やリード獲得の向上を見込むことができます。

ただし、問い合わせフォーム営業代行は自社に最適な企業を選ばなければ高い成果を得ることが難しいため、次の項で紹介する「フォーム営業代行サービスの選び方」をしっかりと理解しておきましょう。

フォーム営業代行サービスの選び方

実際にフォーム営業代行サービスを選ぶには以下3点が重要になります。

  • 手動送信 or 自動送信
  • 業務の対応範囲
  • 料金体系・相場

それぞれについて詳しく解説していきます。

手動送信 or 自動送信?

フォーム営業代行サービスは、人の手で営業文を送る「手動送信」とツールを用いて行う「自動送信」があります。企業によって得意・不得意な方法は異なりますが、自社のニーズに合った送信方法を選びましょう

例えば、たくさんの企業に営業文を送るより質の高いアポイントを求めている場合は、「手動送信」を得意とする代行企業がおすすめです。逆に低コストで効率よく営業を求める場合はツールを活用している「自動送信」がおすすめです。

手動送信と自動送信はそれぞれにメリット・デメリットがありますので「どちらの方がいいのかわからない」という方は下記表をご覧ください。

業務の対応範囲

業務の対応範囲は、フォーム営業代行を選ぶ際の1つのポイントとなります。

代行企業によって業務の対応範囲は異なり、「顧客リスト作成のみ」もあれば「文面の作成」「ABテスト」さらには、結果をレポートでまとめてくれる企業もあります。 もちろん支払う料金によっても対応範囲は異なりますが、低料金で業務の対応範囲が広い方がいいでしょう。

しかし、業務の対応範囲が広いからといってサービス1つ1つの質がいいとは限りません。

業務の対応範囲や質に関しては、企業ごとに実績や数値などを自社サイトに掲載しているところがほとんどです。 自社のニーズに合わせて業務の対応範囲やサービスの質を比較し、慎重に選択しましょう。

料金体系・相場

料金体系は多くの企業が重視するポイントではないでしょうか?

フォーム営業の料金体系は「定額型」「成果報酬型」「従量課金型」の3種類に加えて「定額型+従量課金型の複合」が一般的です。

それぞれの料金体系の相場は以下の表を参照ください。

料金体系を選ぶ際には自社の予算や自社のニーズを満たしてくれる体系を選びましょう。

また、送信1件あたりの料金で選びがちですがおすすめはしませんなぜなら1件送付の料金が安くても「顧客リストの作成」や「文面の作成」は行わないといった対応範囲が狭い可能性もあるからです。

中には、初期費用が0円や基本料金が格安の場合に成果報酬料金が高額のケースもあります。

顧客あたりの利益や総合的にどのようなサポートがあるのかなど費用対効果を社内で十分に検討したうえで、代行企業を決定しましょう。

フォーム営業代行サービスおすすめ5選

ここからはフォーム営業代行サービスでおすすめの企業以下5つを紹介します。

  • 株式会社アイランド・ブレイン
  • SakuSaku
  • カクトク
  • 株式会社エンカレッジ
  • Sales Marker

前述した選び方や料金体系についても記載していますので、参考にしてみてください。

株式会社アイランド・ブレイン

引用:株式会社アイランド・ブレイン

株式会社アイランド・ブレインは完全成果報酬型の問い合わせフォーム営業代行サービスです。

初期費用0円に加えて顧客のリスト作成は無制限で何度でも完全無料、1件の送信単価は20円と業界の中でも最安値であり、手動送信のため送信成功率も高くなります。

特徴 新規開拓営業のノウハウや仕組みを全て提供
フォーム送信方法 手動送信
業務の対応範囲 ・文面作成
・顧客リスト作成
・ABテスト
・フォーム送信
料金体系 完全成果報酬型
・1通あたり20円
・初期費用0円
・顧客リスト費用、文面作成0円(無制限で変更可能)

SakuSaku

引用:SakuSaku

SakuSakuは目視チェックを行うオーダーメイドの営業リスト作成と手動によるフォーム送信を行う営業代行サービスです。3種類のプランが用意されており、自社の予算・営業方針に合わせてプランを選ぶことができます。

目視による営業リスト作成のため質の高い商談を獲得でき、商談に繋げるための文面作成やABテストもついているため、アウトバウンド営業もまとめて外注可能です。

特徴 目視チェックを行うオーダーメイドの営業リスト作成
フォーム送信方法 手動送信
業務の対応範囲 ・リスト作成
・フォーム送信
・文面作成
・アウトバウンド営業戦略設計
・ABテスト
※プランによって対応範囲は異なります
料金体系 従量課金型(最低送付件数2000件〜)
・1件あたり40円〜
※プランによって料金は異なります

カイタク

引用:KAITAK

カイタクは、株式会社イメジンが提供する日本初のB2B向け問い合わせ営業代行フォームです。

カイタクは専属チームによる「戦略会議」や「文面のABテスト」など提案を行いフルサポート伴走を行います。また、独自のAI「スマートターゲティング」により見込み顧客の関心・行動データを分析、 貴社に最適化した見込み顧客リストを作成します。

特徴 日本初のB2B向け問い合わせ営業代行フォーム
フォーム送信方法 自動送信
業務の対応範囲 ・文面作成
・ABテスト
・フォーム送信
・アタックリストの作成
・月1回の戦略ミーティング
料金体系 定額型
・月10,000円〜240,000円(12ヶ月契約の場合)
※プランによって料金は異なります

株式会社エンカレッジ

引用:株式会社エンカレッジ

株式会社エンカレッジは、営業・マーケティングのコンサル力を活用し低価格な新規顧客開拓を提供する企業です。

無料で顧客リスト作成を提供し、問い合わせフォーム入力だけでなくテレアポもあわせて行うハイブリッド型の営業サービスです。 問い合わせフォーム入力はAIによる自動送信を行いますが、多くの企業が導入している「reCAPTCHA認証」により、ロボット入力が不可となるケースもあります。 その際には、送信して終わりではなく手動による送信を再度行ってくれます。

特徴 ハイブリッド型の問い合わせ入力サービスを提供
フォーム送信方法 自動送信(ロボット入力不可のサイトに対しては手動送信)
業務の対応範囲 ・文面作成
・顧客リスト作成(3,000件まで無料)
・フォーム送信
・結果データ納品
料金体系 従量課金型
・1件あたり20円(最低請求金額10,000円)

Sales Marker

Sales MarkerはWeb検索行動を可視化し、商談・受注に至る可能性が高い企業にターゲットを絞り、AIが自動でアプローチする新時代の営業手法「インテントセールス」を提供する企業です。

Sales MarkerはAIによる文面作成や自動送信を行いますが、従来の方法とは違いネットの行動履歴から潜在顧客のニーズを分析し、自社サービスや商品に興味がある顧客のみアプローチを行います。

これによりフォーム送信を無駄に行うことなく、ニーズの高い顧客のみにフォーム送信を行うことができるためアポイント獲得率の向上が期待できます。

特徴 潜在顧客の特定〜リスト化、営業支援まで行う
フォーム送信方法 自動送信
業務の対応範囲 ・フォーム送信
・文面作成(複数作成)
・興味、関心データの作成
・顧客リストの作成
・サポート体制
料金体系 初期費用+プラン
※プランによって料金は異なります

 

フォーム営業代行の類似サービス

ここまでフォーム営業代行について説明しましたが、類似サービスについて以下3点を紹介します。

  • メール営業代行サービス
  • テレアポ代行サービス
  • フォーム営業ツール

問い合わせフォーム営業代行と上記3点は「アポイント獲得」という点では同じです。この項を参考に他のサービスの活用も考えてみてはいかがでしょうか? それぞれについて詳しく解説していきます。

メール営業代行サービス

メール営業代行サービスとは、見込み顧客リストに営業メールの送信を代行してくれるサービスを指します。

「フォーム営業」と「メール営業」は共通の特徴が多いですが、実際のコストや効果には違いがあります。

メール営業代行サービスは、メールのリストさえあれば一斉に送ることができるため、手間がかからずフォーム営業代行より低コストで送信できます。 その反面、サイトに記載のあるメールアドレスは代表者メールやコンタクトフォームメールが一般的で、フォーム営業と比較すると開封率が低く、スパムメール扱いを受け、届かない可能性もあります。

テレアポ代行サービス

テレアポ代行サービスとは、電話を利用して見込み顧客にアプローチを行いアポイントを獲得する代行サービスです。

フォーム営業代行とは、営業手法が異なり直接的なコミュニケーションを通じて営業を行います。見込み顧客と直接会話を行うため、ニーズや関心をその場で知ることができ営業をかけることができるためフォーム営業と比較しても効果は高いと言えます。

一方で、テレアポ代行はその場で臨機応変な対応を求められるためスキルや経験が必要な手法です。経験が浅い代行サービスでは思った効果が出ない可能性もあります。 また、フォーム営業代行と比べてコストが非常に高く、テレアポ営業は相手に不快な思いをさせることもあります。そのため、自社のブランド毀損(企業のイメージが悪くなる)のリスクも念頭においておきましょう。

フォーム営業ツール

フォーム営業ツールとは、企業の問い合わせフォームに営業メールを送る作業を自動で行うツールです。「すでに自社でフォーム営業を行っており効率を高めたい」「コストを抑えてフォーム営業を行いたい」という場合はツールの導入がおすすめです。

しかし、代行サービスと異なり全体的なサポートはありません。そのため「文面作成」や「ABテスト」「顧客リストの管理」などは自社で行う必要があり、教育費や人件費がかかってしまうデメリットも考えられます。

そこでおすすめするのが、「SalesMarker」です。

SalesMarkerは「ChatGPT」を搭載しており、自社の特徴やサービスを考慮しながらフォーム営業の文面を複数作成することができます。そのため、どの文章が1番効果的なのかを検証することが可能です。

また、インテントデータ(Web上の行動を分析し、興味・関心を知るデータ)により、自社のサービスに興味がある顧客だけのリスト作成を行うことができるため、工数をかけずにフォーム営業送信を自動で行うことができます

Sales Markerは1日あたり、およそ50億レコードの検索行動データを取得しています。 ニーズのある顧客のみアプローチできるため、アポイント獲得率や契約締結率の向上が期待できます。

まとめ

本記事では、問い合わせフォーム営業代行について紹介しました。

顧客リストの作成が得意、文章作成に特化しているなど代行企業によって特色は様々です。 自社が求めているサービスと予算を比較しながら検討してみてください。

また、コストをあまりかけたくないけどフォーム営業に注力したいという企業には「フォーム営業ツール」がおすすめです。 特に前述した「SalesMarker」はフォーム営業において非常に便利なツールです。

ぜひ本記事を参考に導入を検討してみてはいかがでしょうか?

インテントフォームの概要はこちら